売れるネットショップの名前の付け方のコツと実例

ブランディング
この記事は約3分で読めます。

ネットショップの名前はどうやって決めたらいいんだろう。

そんな方に参考になるようなネットショップの名前の付け方のコツを実例と共に紹介していきます。

売れるネットショップの名前の付け方のコツ

名前なんてどうでもいいと思ってしまいがちですが、実は「集客」にかなり関係するので読み進めていただきたい。

ネットショップの名前は業界用語で言うと「ブランド」になります。

これがどう集客と結びつくかと言うと、覚えやすい名前だと数日後、数ヶ月後にでもあなたのサイトにリピートで来てもらうことが出来たり、口コミであなたのサイトを宣伝してもらいやすいという利点があるんです。

あなたのサイトを知ってもらうために払う宣伝費などの節約も含め、ブランド名を考える大切さがわかると思います。

では、名前の付け方のコツを見ていきましょう。

シンプルで覚えやすい名前にする

ネットショップの名前は覚えてもらうことが一番大切です。1〜2単語の短いブランド名が覚えやすいです。

競争相手との差別化が出来る名前を選ぶ

他と同じような名前をつけてしまうのはNGです。ユニークで独自性のある名前を探しましょう。

ドメインネームが取れる名前を選ぶ

ネットショップの名前はドメイン名と連携を意識しましょう。

ドメイン名とは〇〇.comとか〇〇.jpとかのアドレスのことです。

例えば「たわしワールド」というネットショップ名だとすればtawashi-world.comみたいな感じですね。

〇〇.com意外に面白いドメイン名もあります。

例えば:「〇〇.pink」「〇〇.style」「〇〇.cafe」「〇〇.tech」

工夫すると面白い名前が作れそうですね。

ちなみにドメイン名の取得は「お名前.com」が安くておすすめです。

ネットショップ名の実例

では実例をいくつか紹介します。

有名どころのショップなので聞いたことがあるかもしれません。

17kg(イチナナキログラム)

17kg(イチナナキログラム)は韓流ファッションのサイト。一回聞いたら忘れられないブランド名ですね。

Amirisu(アミリス)

動物の「リス」を使ったネーミングが可愛いAmirisuはライフスタイルマガジンのネットショップです。

Musubi(ムスビ)

日本の伝統の風呂敷を世界に売っているストア。風呂敷を結ぶとかけているそう。和を感じるネーミングのmusubi

まとめ

ネットショップの名前の付け方のコツと実例を紹介しました。

ショップ名は個人の好みですが、集客する時にちょっと工夫をするだけでとても助かると思います。

ネットショップの名前の付け方まとめ
  • 読みやすい名前をつける
  • 差別化出来る名前をつける
  • ドメイン名と連携させる

コメント

タイトルとURLをコピーしました